オンとオフを上手に切り替えて趣味も仕事も楽しむ!2020.6.2 / COLUMN

私が趣味にはまったきっかけ

私が趣味にはまったきっかけ 趣味を持つようになったそもそものきっかけは、周囲に趣味を楽しむアクティブな方が多く、いろんな話を聞かせていただく機会が多かったことだと思います。 仕事でお付き合いがあるインテリアやお庭用の植物を手配してくれる方や、業者の方々が本当に楽しそうに休日の話をされるのです。そうは言っても皆さんの趣味は取っ付きにくいものが多かったのですが食わず嫌いになるのは嫌だと思い、登山と観葉植物の室内ガーデニングに挑戦しました。 見事にその面白さにハマり私の休日の楽しみになっています。自分から興味を持った分野でなくても、経験がある方にアドバイスを受けながらまずやってみることで、案外ハマるものが見つかることがありますね。

登山と観葉植物の育成

登山と観葉植物の育成 登山は、大人数で行くと休憩時間は楽しめるものの、登頂までの長い道のりは本当にキツイ。 体力には個人差があり人間性も出るので、色んなハプニングが起こります。それでも懸命に仲間とトライした後の感動を一度味わうとまた挑戦してしまいます。苦しみの後の喜びは良いですよね。 仕事にも通じるものを感じます。毎回スタートするときは「始まってしまったぁ」と不安に包まれるのですが、不思議ですね。最近は子供が生まれてあまり登山には行けていませんが、観葉植物の育成は家族と過ごしながら家の中で出来るので、ますますハマっています。 アート&カルチャー誌『ブルータス』で特集が組まれていたのを偶然見て以来、ラクダみたいに水を溜め込むマダガスカルのカイコン植物に夢中になっています。海外の植物は個性的なものが多く、カッコいいですよ。

お客様と趣味を通してのコミュニケーション

お客様と趣味を通してのコミュニケーション 丸商のお客様は30代の方が全体のおよそ7割です。先々の暮らしのほうが長いにもかかわらず、お仕事や建てたい家のイメージばかり伺っていると、今現在のニーズに偏りがちになります。 長く住んでいただきたいので、今の感性だけで建てることは避けたいところです。お客様がこれから挑戦してみたいこと、いつかはやってみたいことも含めて趣味のお話を伺うと、ご家庭ごとに違うこだわりを聴かせていただくことにもつながります。 そのためまず自分の趣味の話をさせていただきます。趣味の話は楽しみながら出来る上、ご家族全員が参加しやすい内容が多く、盛り上がりやすい話題です。

趣味は住まいづくりのアイディア

趣味は住まいづくりのアイディア 登山に行くと決めたとき、決めたその日から体づくりを始めます。 体調管理にもなりますが、趣味に没頭しているときは、仕事のことをひと時ですが完全に忘れます。オンとオフの切り替えが出来る分、仕事への集中力が高まります。 もともと好奇心があって感度も高めなので、色々なものに触れることでいい刺激を受けている気がします。趣味を通じて国内外の情報にも触れますし、住まいづくりのアイディアにつながっています。