こだわりの自宅で趣味を楽しむ休日2020.2.7 / COLUMN

自宅で趣味を楽しむ休日

自宅で趣味を楽しむ休日 私の家族は、妻、小学四年生の息子の三人暮らしです。毎週の休みには、妻とランチに行くことが多いですね。行き先は妻のリクエストに応えて、カフェやイタリアンの店に行きます。 弊社の社員はアウトドア派が多いのがひとつの特徴ですが、私はややインドア派です。学生時代から音楽が好きで、今もエレキギターを弾くのが趣味です。自分の部屋で弾くのですが、アンプに繋げなければそれほど大きな音が出ないので気楽です。平日の帰宅後などに、ギターに触ったり、歴史物の時代小説を読んだりして、ひとりの時間を楽しんでいます。

音楽アルバムをリリースするのが夢

音楽アルバムをリリースするのが夢 音楽は、大学生のころから奥田民生さんのような、キャッチーで明るい曲が好きでした。いつか自分で作曲をしてアルバムを出したいと本気で思っているんですよ。全てのパートを自分で演奏できるようになりたくて、作曲の勉強を始めたところです。いまは仕事で忙しいのですが、時間に余裕ができたら、電子ドラムを購入して、スタジオで録音して……。聴いてくれる方が前向きになれるような曲を配信すること。これが私の夢です!

仕事は趣味のひとつ

私の中では、家づくりの営業という仕事は趣味のひとつのような感覚です。つらいと思ったことは一度もないですし、たとえ趣味嗜好が真逆の方であっても、さまざまな工夫をして、良い意味でお客様を驚かせたいです。たとえば、間取り図をお見せしても、お客様にはなかなか伝わりづらいものですが、ライフスタイルに合わせてレイアウトを最適化し、お客様それぞれがご自宅に対して大切に思われている部分を、ひとつひとつ叶えられるご提案をしていきたいです。 私と同じく音楽が趣味というお客様も多くいらっしゃいます。完全防音室はコストがかかって実現が難しい場合であっても、楽器の場所など、良い感じにレイアウトするなどの工夫をして喜んでいただきたいと考えています。

こだわりの自宅で趣味を楽しむ

こだわりの自宅で趣味を楽しむ 私自身も、一年半前に自分の家を建てました。吹き抜けと薪ストーブがこだわりポイントです。エアコンを使わなくても、薪ストーブ一台で、家中が暖かくなるので、とても気に入っています。いまは仕事で忙しくしていますが、将来、ゆっくりできる時間が持てるときがきたら、暖かい自宅でゆっくり作曲に取り組みたいと思っています。