家に導入して良かったこと パート①

2024.1.20

川原

こんにちは!営業の川原です!

昨年の2月に新居に引っ越しをして、間もなく1年が経とうとしております。

この1年はあっという間で、もうこんなに経ったのかぁ・・・。という感じですが、この1年とても楽しい毎日が送れております。

そこで、建ててみて良かった点を3回に分けてご紹介したいと思います!

 

①ソーラーパネル

現在注文住宅をご検討の方は、様々なメーカーでソーラーパネルをお勧めされると思います。

ソーラーは総額が高くなる上に、売電価格も落ちてきているということから、私自身検討はしておりませんでした。

しかし、marushoでLIXILさんの【建て得】を提携させていただくことをキッカケに、導入すること決めました。

【建て得】とは、LIXILさんと契約し、ソーラーを載せ、売電収入はLIXILさんが得るというもの。

個人の初期費用は太陽光用のブレーカーのみ。(契約には水回りの設備等に縛りがあります)

日中の電力は好きに使うことができ、電気自動車の充電も可能。(V2Hは除く)

現在では契約期間は15年。それ以降は自分の物になり、売電収入も得ることが出来ます。

出来るだけ間取りや設備に投資したい私は、導入費用がほとんど掛からないこちらの制度に飛びつきました。

 

良かった点 【4人家族 専業主婦の場合】

・電気代がアパートの頃に比べると半額近い

夏の猛暑の時には朝から晩までエアコンを付けっぱなしの状態で、夏の平均は7,500円でした。

暖房時期の今では11,000円が平均です。

 

・ちょっとのお出掛けではエアコンを切らなくても気にしない

アパート時代は、お出掛けの時はエアコンを消し、帰ってきた時には暑い/寒いという日々でした。

しかし、今では常に快適な状態なので、家に帰ると快適!という毎日を送れています。

 

・電気代が掛かるものを日中に回すことで大きな節約に

共働きのご家庭でも多いと思うのですが、ドラム式洗濯機や除湿器等の乾燥系の電化製品は、電気を多く使います。

時短の代わりに電気代を払うことが普通になっておりますが、太陽が出ていればタダで洗濯物を乾かせます!

川原家では、最近ヒーター付のサーキュレーターを導入したこともあり、冬の乾きにくいお洋服等は、除湿器と合わせて使用しております。

そのため、ほとんどの洗濯物は室内干しで完結しております。

 

・建て得ならではの使い方

売電収入は得られないとしても、導入費用がほとんど掛からないため、太陽が出ている時間はお得でしかありません。

費用が掛からないという事は、ソーラーを載せていない人と出費はほとんど同じなため、最低限この制度を使わない手がありません。

売電費用で利益を生めない分は、日中に沢山の電力を余すことなく使おう!と割り切ってしまえば、毎月の請求書が怖くありませんよ!

 

 

悪かった点は今のところありません・・・。

しかし、今私がメリットだと感じているのは、妻が子育て中のため、家にいる時間が多く、日中に出来ることが多いからです。

共働きの方からすると、日中の電力はほどんど掛かっていないという点があり、メリットを感じるのは土日のみになります。

この場合は建て得制度を使うよりも、一般家庭の容量4,5~5kw相当を購入したほうが、日中の電力を抑えつつ、売電収入を得られるため、メリットは大きいと思います。

全てのお客様にこの制度が適している訳ではありませんが、導入コストのせいで検討を諦めるという事でしたら、是非使っていただきたいです。

marushoメンバーはこの辺りは全員熟知しておりますので、お気軽にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Real Estate

分譲情報

マルショウの強み豊富な分譲地

滋賀県を中心に豊富な分譲地(土地)を
開発する私どもマルショウは、
分譲地域の環境や特徴を
理解していることが強みです。
土地を読み解き、
私たちの家づくりはスタートします。

View
Real Estates