4私たちのことCOMPANY

  • 代表取締役MANABU FUKUDA

  • 住宅事業部 TOSHIFUMI MAEHATA

  • 住宅事業部ATSUSHI KITAMURA

  • 住宅事業部TOMOMASA KIMURA

  • 住宅事業部HIROYUKI KAWAHARA

  • 工務部MASAKI TERADA

  • 工務部MOTOHIKO NAKAMURA

  • 開発事業部HIDEHIKO ENAMI

  • 開発事業部SHINJI YAMAMOTO

  • 開発事業部MAMORU MASAKI

  • 統括営業本部長HIDEFUMI IWATA

STAFF

木村 友雅TOMOMASA KIMURA

住宅事業部
ホームアドバイザー

1977年12月16日生まれ(A型)
京都府京都市出身

心に響いた言葉
「止まない雨はない」
自分のスタイルは?
どれだけしんどくても常に笑う
最近はまっていること
司馬遼太郎。作品を読み漁っています
marushoの好きなところ
メンバー全員の芯が強いところ。みな負けず嫌いです(笑)
ご自宅のこだわりは?
10年以上住んだ京都の家を離れるべく、滋賀に引っ越し現在新築を計画中です。前より土地が広くなることで、取り入れたいことがたくさん。男のロマンとして薪ストーブを入れ、床は無垢材にしてウッドデッキも作り、天然素材ならではの心地良さに包まれたい。妻の親とも同居するので、将来を見据えたバリアフリーもマストです。仕事で学んだ知識をフル活用して、理想の一軒になるよう夢がふくらんでいます。
滋賀で楽しんでみたい暮らしは?
お客さまの家を建てるたびに、うらやましくて仕方なかった滋賀ライフ。土地も比較的広くて、自然との距離が近い暮らしがようやく叶うとあって、今からワクワクしています。新しい家なので、DIYにも挑戦してみたいし、滋賀といえば…の琵琶湖遊びも必ずしたいこと。バス釣りは楽しそうだし、ヨットにも興味津々。風力だけで進むセーリングに憧れているので、琵琶湖でトライしてみたいです。
自分の中で自慢できることは?
まだまだオジサンとは言わせないほど、体力には自信ありです。時間があればランニングして体力づくりに励み、大阪マラソンの完走経験もあります。最近では、登山にも挑戦。以前、御在所岳に登る前夜に深酒してしまい一睡もしないまま山に。かなりキツかったですが、途中でリタイアしたらかっこわるい。ネタにされたくない一心で無事登頂しました!(登山前にそんなことしてはダメと反省しています)

印象に残った
お客さまとの
エピソードは?

EPISODE WITH CUSTOMER

家づくりって本当に大変で、計画段階で家族がケンカしてしまうこともあるんです。長い時間を過ごすところだし、かなり高価な買い物ですから。特に思い出に残っているご夫婦の場合、奥様の思いが強すぎてあれもこれも…と要素を詰め込みそうになっていたんです。さらに、各段階でかなり悩む方でもあったので、打合せ中にご主人とケンカになることも。自分としては、家族みんなが満足してほしいから、できるだけ必要ない要素はそぎ落としたシンプルなスタイルを提案。もちろん奥様にも納得してもらうよう話して、家を完成させました。実際に暮らしはじめて、奥様から「住み心地の良い家だから、最近は主人も優しくなり、家族が仲良くなった」といううれしい知らせが。「家は家族を幸せにするもの」という金言を体感した瞬間でした。