ハンモックで実現する、くつろぎの家2018.11.22 / Column

人それぞれ違うリラックスタイムの過ごし方。
音楽を聴いたり、読書をしたりとさまざまな形がありますが、その中でもひとつの究極を目指した空間をご紹介。

魅惑のアイテム、ハンモックをリビングに配した「くつろぎの家」をご覧ください。

広々リビングだから、ハンモックでくつろげる

広々リビングだから、ハンモックでくつろげる

リビングの中央で存在感を見せているのは、吊り下げ式のハンモック。究極のリラックスアイテムとして導入を検討する方もいらっしゃいますが、その際は設置スペースについて十分注意する必要があります。

というのも、ハンモックの設置には最低でも縦に3メートル以上、横に2メートルは必要で、小さな部屋に設置すると「ハンモックのための部屋」になってしまいますし、それではくつろぐことはできません。

こちらのリビングはたっぷりとしたスペースがあるので、中央にハンモックを持ってきても余裕があり、ほかの家具たちを邪魔していません。気が向いた時に乗って、まったりとした時間を過ごすことができます。

ニュアンスを統一して奥行感を出したダイニング・キッチン

ニュアンスを統一して奥行感を出したダイニング・キッチン

ハンモックのある家らしく、室内はアウトドアを感じる小物やナチュラルな内装で統一。

リビングからダイニング、そしてキッチンまで、繋がった空間で同じテイストを表現しているので、ちぐはぐ感がないだけでなく、広々とした奥行き感も醸し出しています。

キッチンとダイニングの間にはDIY派の間でも人気の高いペグボード。帽子をかけたりカレンダーを取り付けたりと、さまざまなアレンジを楽しむことができます。

地窓のある和室は柔らかな雰囲気に

地窓のある和室は柔らかな雰囲気に

全体にナチュラル&アウトドアなテイストの家ですが、和ごころは忘れていません。そんな和室には、外からの目線を感じずに程よく光を取り入れられる地窓を採用。

高窓からの採光と合わせて、明るく爽快感のある畳スペースは、来客時の宿泊スペースとして、また子供の遊び場として、さまざまな形で活躍してくれます。

雨の休日もベランダで、ウッドデッキで楽しむ!

雨の休日もベランダで、ウッドデッキで楽しむ
雨の休日もベランダで、ウッドデッキで楽しむ

アウトドア派の大敵は「雨」。楽しみにしていたキャンプやBBQも、天候次第で残念な1日になってしまいます。この家は、そんな雨の休日も楽しめるよう、屋根のあるウッドデッキやベランダが設置されています。

これなら、休日のリラックスタイムを雨に邪魔されることはありません。家族や友人たちと遊んで、存分に気持ちをリフレッシュさせてください。