和×モダン、そしてスクエアな家2019.3.7 / Column

暮らしに根付いた色というのは国や地域によって違うもの。その中でも、四季を反映した日本の伝統色は実に豊かで繊細だ。それにつけられた名前もまた美しい。「藍」、「曙」、「臙脂(エンジ)」…これらは代表的なものだが、他にも数え切れないほどの色があるので、気になる方は調べてみてほしい。

さて、本題に入ろう。そうした日本の伝統色を積極的に現代の家に反映させたら、どうなるのか。その答えのひとつが、この家だ。

モダンな外観にハンギングチェアがアクセント

モダンな外観にハンギングチェアがアクセント

直線的でシンプル&モダンなスタイリングだが、薄花色の外壁は見る角度や光によって微妙な変化を見せる、日本らしい繊細な色味。軒下を思わせるウッドデッキも、和洋が馴染みよくバランスして足元に広がりを見せている。

さらに、粋な遊び心を忘れてはいない。右端に見えるのは、まったりとリラックスして座ることのできるハンギングチェア。本来は天井などから吊り下げて使用するものだが、こちらはスタンド式で、どこにでも設置できる。

置くだけで雰囲気を変えてくれる効果抜群のインテリアで、さらに気軽にレイアウトできるので、興味のある方は試してみてほしい。

優しい光を見せるリビング・ダイニング

優しい光を見せるリビング・ダイニング

外から差し込む柔らかい光がくつろぎを生んでいるリビング・ダイニング。この空間に限らず、和室から廊下に至るまで十分に採光を考えて作られているため、どこにいても明るいのがこの家の特徴だ。

ダイニングテーブルはシンプルなペンダントライトを2灯セット。夜は落ち着きのある大人な空間へと印象を変える。

リビングのウォーターヒヤシンスのソファは、そこに座ればまるでアジアのリゾートのような開放感と非日常感を味わえる。

階段は「見えないようにする」スタイル

階段は「見えないようにする」スタイル

家族とコミュニケーションが取りやすいとして人気のリビングイン階段だが、一方で人の流れが途絶えないので、リビングで落ち着けないというのがデメリットのひとつだ。

もちろん、こうしたデメリットはレイアウトによって解消していくことができるのだが、リビングに落ち着きを求めるのであれば、やはりこの家のように廊下から続く階段を採用して置くのが良い

トイレのスタイリングにも隙は無し!

トイレのスタイリングにも隙は無し!

少しでも家を洒落たものに仕上げたいのであれば、トイレまで気をぬくことなくこだわりぬいておきたい。来客の際などは、個室などよりも「見られる」ことの多い空間だからだ。

アクセントクロスも良いが、この写真のようにタイルを利用すると高級感がアップ。彩度を抑えた色使いで、居心地も良くなる。