のんびり、自分を解放できる家2019.5.2 / Column

住宅は、単体で良いものを作れば良いというものではない。重要なのは周囲との調和で、それは太陽や風景、道といったものとの関係性だ。
今回紹介するのは太陽の光がやさしく入り込み、のんびりと過ごすことのできる1棟。それぞれの空間の仕切り方にも注目して見ていただきたい。

どっしりと存在感のある外観デザイン

どっしりと存在感のある外観デザイン

建物はスクエアでどっしりとした印象。基本的に外壁は一色で統一しているが、軒裏や門袖に木目パネルを採用してアクセントとしている。

大小さまざまな窓が確認でき、外観からも室内の明るさが想像できるだろう。建物左側に見えるカーポートからは、雨の日は濡れずに室内に入ることも可能だ。

開放的な吹き抜けがあるリビング

開放的な吹き抜けがあるリビング

LDKは小上がりの畳スペースまで用意されていて、広く開放的。

それぞれの部屋に間仕切りはないが、写真から分かるようにリビングスペースは一段下げ、畳スペースは一段上げている。各スペースにいる人同士の目線が交わらなくなり、同じ空間にいるのに独立した感覚で過ごすことができる。

ダイニングテーブルはコンパクトなものだが、ご夫婦2人暮らしではこれで十分。広いテーブルはそれだけスペースを余分に消費してしまうので、ミニマルなものをセレクトしたい。

小上がり和室の居心地は想像以上!

小上がり和室の居心地は想像以上!

小上がりの畳は広さこそないものの、人1人が余裕を持って横になれるくらいの長さは用意されていて、ここで過ごしていると想像以上に居心地が良い。ついつい時間が過ぎるのを忘れてしまうリラックススペースだ。

開口部が多いのはこの家の特徴だが、やはりここにも地窓が採用されている。柔らかい光を取り込めるだけでなく、見た目にもお洒落。

シーリングファンがゆったりとした時を演出

シーリングファンがゆったりとした時を演出

リビングから上を見上げると吹き抜けとなっていて、この写真のようにシーリングファンが配置されている。部屋の空気を攪拌してくれるので、冷暖房の効きが良くなるといったメリットがあるが、効果はそれだけではなく、ゆっくりと回るファンは心にも落ち着きを与えてくれる。

それにしてもこの吹き抜けの開放感は抜群だ。南東に面しているので自然光を多く取り込めて明るく、夜はダウンライトをつければ陰影のトーンがついた居心地の良い空間となる。

1階にいる人の気配を2階からも感じられるため、家の中のどこにいても家族お互いの温もりを感じていられることも、このような吹き抜けを採用するメリットだろう。